青森県健康福祉部医療薬務課
良医育成支援グループ

〒030-8570
青森県青森市長島一丁目1番1号

017-734-9288(直通)

受付時間:8時30分~17時15分
(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

©Aomori Prefectural Goverment

MENU

CLOSE

教えて!医ノ森

Profile:小川克弘 弘前大学医学部卒(S41)

青森県地域医療支援センターの専任医師として、青森県良医育成支援特別顧問として活動しています。弘前大学医学部産婦人科学講座助教授、むつ総合病院長などを経て、平成24年から現職

私がお答えします

  • 青森の医療の魅力は?

    青森県は地域住民の歴史的、地理的な要因から、地域医療を学ぶのに適した環境が備わっているところが魅力の一つとしてあります。
    (参考:地の利を活かした育成環境~青森県で育つ総合診療医~

  • センターはどういった支援をしてくれますか。

    青森県内の医療機関を紹介するとともに、就任された場合は、その後のフォローなども含め、細かくサポートします。

  • 青森の地で医師としてキャリア形成できますか。

    各領域に対応したキャリア形成の相談に応じており、特にこれから重要となってくる総合診療領域においては、しっかりしたプログラム(カリキュラム)に基づき、全県的に散在する連携施設を通し、キャリア形成できる仕組みになっております。

  • 大学講座に所属し、専門医を極めたい。

    大歓迎です。大学の各講座との橋渡しも喜んで致します。

  • 大学講座に属さずに、キャリアを積みたい。

    その道も当然ありますし、十分可能です。
    ご希望に沿えるよう、納得いくまでご相談に応じます。

  • 住宅や教育など青森の環境に不安があります。

    青森県は、日本海側と太平洋側では気候が違います。冬期間、日本海側は雪と寒さとの戦い、太平洋側は雪は少ないですが、寒さとの戦いです。しかし、そのような自然環境から得られるメリットも多いかと思います。住環境は、寒さ対策されており心配なし。
    大都市のように、公共交通機関は発達していませんが、道路は立派です。自家用車さえあれば不便はありません。職種を問わず、皆さん若いうちから自家用車を所有しています。
    教育環境も特に他県に比し見劣りすることはなく、進学校も多数あります。大都市圏に比べ、勉強面でも心身面でものびのびと成長できる環境だと思います。各界で活躍している県出身者多数。

全国どちらにでもお邪魔します。ご連絡お待ちしております!