青森県健康福祉部医療薬務課
良医育成支援グループ

〒030-8570
青森県青森市長島一丁目1番1号

017-734-9288(直通)

受付時間:8時30分~17時15分
(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

©Aomori Prefectural Goverment

MENU

CLOSE

自治医科大学

自治医科大学と県のかかわり

1 自治医科大学の紹介

自治医科大学は、へき地や離島などの地域住民の医療を確保し、住民の健康増進や福祉の充実を目指す医師の養成を目的として、全国の都道府県の共同により設立された大学です。
毎年、全都道府県から2~3名ずつ入学者が選抜され、全員に対し学費が全額貸与されます。卒業後、医師として出身都道府県のへき地の公立病院等に一定期間勤務すれば、貸与された学費の全額が返還免除となります。
地域枠との大きな違いは、一人でもへき地で医療を提供していける医師を育てることを意識し、教育が行われているところです。

 

2 卒後の進路

自治医科大学を卒業し、医師国家試験に合格すると、学費貸与年数の1.5倍の間は県職員の身分になります。最初の2年間は、県立中央病院で初期臨床研修を受けていただきます。
卒業後3~4年目の身分は県職員と勤務先の市町村職員の併任となります。県内のへき地等の医療機関に勤務し先輩職員の指導の下、地域医療に従事していただきます。
5年目以降は1年間の後期研修を受けることができ、身分は県職員となります。県内だけでなく県外の医療機関で研修を受けることが可能です。後期研修後は、県内のへき地等の医療機関に戻り、県職員と市町村職員の併任として勤務することになります。

卒後年数 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 10年目以降
勤務・研修先

初期臨床研修

へき地など医療機関勤務 後期研修 へき地など医療機関勤務 本人選択
勤務・研修内容 青森県立中央病院 へき地の医療機関に勤務し、指導医のもとで地域医療に従事する。 希望する病院 へき地の病院や診療所又は医師の不足している地域の病院に勤務し、地域医療に従事する。
身分 青森県職員 青森県職員
[ 青森県職員・勤務先の市町村職員と併任 ]
青森県職員 青森県職員
[ 青森県職員・勤務先の市町村職員と併任 ]
義務期間 義務期間(9年)

 

3 義務年限

通常、6年間で卒業された場合は、6年1.5倍で9年間の義務期間になります。
義務期間が終了すると、ご自身で進路を選択できます。

 

4 勤務先の決定

後期研修を除く義務期間中の勤務先は、県立中央病院(病院局運営部)所管となり、配置基準により決定されます。

※へき地とは、簡単にいうと、例えば、山奥の村であったり、遠く離れた小さな島であったり「人が住んでいるけど、病院が近くにないので、とても不便な場所」のことです。

 

説明会告知

青森県では、依然として、へき地に勤務する医師が不足している状況にあるため、本県の医師確保の状況、大学の建学趣旨・修学環境などに関する進学説明会を開催しています。

開催時期

時期

高校の夏季休業中(7月後半)、夏季講習等を考慮して時間は夕方に設定しています。

場所

青森会場(県庁周辺の施設)、八戸会場(県立八戸高校)※2日行いますのでいずれかを選択。
当日、自治医科大学からの記念品の他、募集要項等も配布する予定です。

(説明会内容)
  • 青森県の医師確保の状況について、現状と重要性について説明します。
  • 自治医科大学の概況について大学関係者が、自治医科大学の見学の趣旨・教育内容と特色、入学者募集要項等について説明します。
  • キャンパス生活など体験談の発表
  • 地域医療の現場で活躍する医師が体験談を発表
  • 質疑応答
(開催例)
平成28年7月25日(青森会場) 41人参加
平成28年7月26日(八戸会場) 19人参加
八戸会場(八戸高校)
青森会場(ウエディングプラザアラスカ)

 

(参加申込み)

毎年、6月から7月にかけて高校等にお知らせしています。
進学説明会へ参加を希望される方は、学校名(既卒者の場合は出身高校名)、参加する会場名、参加人数をお知らせ下さい。
保護者の方も参加していただいて構いません。

 

入試告知

入学試験の日程等についてはこちらからご確認いただけます。

自治医科大学のホームページ