医師の方へ

若手やUIターンを希望される医師にたいして県内医療機関での再就職や、勤務医の転職支援などの取り組みについて。

 

 

教えて!医ノ森(医師の方へ)

Q.
青森県の医療の特徴は何ですか?
A.

県内の医療関係者が顔が見える関係で、地域毎に国公立の病院が中心となり各医療機関と連携をしています。
また一人の患者さんを長く診る事ができる環境でもあります。

Q.
青森で医師として働く魅力って何ですか?
A.

大学、市中病院、診療所など医師の活躍出来るフィールドは沢山あります。青森で働く医師達の声を聞いてみて下さい。

Q.
青森には高度医療や専門医療が少ない印象があります。
A.

県内唯一の特定機能病院である弘前大学医学部附属病院をはじめ、青森県立中央病院におけるがんゲノム医療・ロボット支援手術・心血管疾患領域におけるハイブリッド手術室、八戸市立市民病院におけるER型救急など、さまざまな高度医療や専門医療が実践されています。

Q.
地域医療や総合診療に興味があります。
A.

地域の診療所のみならず大学や基幹施設など、多くの医療施設がそれぞれの立場で地域医療や総合診療に携わり、ジェネラルな医師を育成しています。
そして、多くの熱く魅力のある医師や指導医がいます。

Q.
青森は医師不足と聞きますが、大変ではありませんか?
A.

医療施設従事医師数(平成30年末現在人口10万対)でみると、青森県は全国で6番目に医師の少ない県です。しかし、さまざまな取組により、医師は着実に増えています。青森県が医師不足対策の根幹に据えているのが「良医を育むグランドデザイン」で、県内出身の医学部合格者、臨床研修医採用数の増など、成果をみせています。

Q.
女性医師にとって働き易い環境ですか?
A.

多くの女性医師が臨床のさまざまな現場で活躍しています。周りの医療スタッフの理解を受け、出産などの女性医師のライフイベントを経ながら研鑽を重ねています。
女性医師に限らず、青森の医療現場には夫々が助け合う文化があります。

Q.
県外から青森に来て働いている医師はいますか?
A.

地域医療支援センターへの相談から県内勤務に結びついた事例があります。お気軽にご相談ください。

Q.
青森県の人口1万人あたり年間救急出動件数は?
A.

平成29年時点で363件と、全国で2番目に少ないです。

Q.
青森に興味を持ったのですが誰に聞けば良いですか?
A.

青森県健康福祉部医療薬務課良医育成支援グループへ御連絡ください。
〒030-8570
青森県青森市長島一丁目1番1号
電話番号:0172-734-9288

Q.
地域医療支援センターはどのような活動をしているのですか?また登録医師になることはできますか?
A.

地域医療支援センターは、県の医師不足対策を総合的・効果的に実施するために設置されています。
センター登録医師に興味のある方は医師の求職相談を受ける専任医師がいますので、ご相談ください。

Q.
首都圏からの交通が不便ではありませんか?
A.

羽田空港から飛行機で約1時間半、東京から新幹線で約3時間と、移動にかかる時間は短縮してきており、それほど不便ではありません。

Q.
青森県の冬って厳しいでしょうか?
A.

最低気温は-3度で全国4位の寒さ、雪日数は全国2位の95日と一見暮らしにくそうに思われますが、青森県の太平洋側の地域では雪が降らずおだやかな気候をしています。県内でもさまざまな気候があるのが魅力です。

Q.
青森にお洒落なお店や美味しい料理はありますか?
A.

新鮮な海の幸、山の幸を活かした料理が県内各地にたくさんあります。また、味噌カレー牛乳ラーメンや八戸せんべい汁、貝焼き味噌など一風変わった料理もあり観光客から人気です。最近ではお洒落なお店も増えてきていますので、青森に来て味わってみませんか。

Q.
青森県は子育てしやすい?
A.

0~5歳人口10万人あたりの保育所数は全国1位と子育てしやすい環境です。