教えて医ノ森~よくある質問~

県内で活躍する医師たち

青森県健康福祉部医療薬務課
良医育成支援グループ

〒030-8570
青森県青森市長島一丁目1番1号

017-734-9288(直通)

受付時間:8時30分~17時15分
(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

©Aomori Prefectural Goverment

MENU

CLOSE

よくあるご質問/返還免除について教えてください

青森県が運用する医師修学資金は、一定期間、青森県内で医師として勤務していただくことで、返還が免除になります。修学資金の種類によって条件が異なります。以下をご参照ください。

弘前大学医師修学資金

青森県医師修学資金

特別枠

一般枠

学士枠

「青森県地域医療支援センター」に登録し、卒業後、貸付期間の1.5倍の年数、原則として内科、外科、整形外科又は総合診療科の医師として指定医療機関に医師として勤務すること(そのうち半分の期間は、県が指定する町村部等の中小医療機関とし、そのうち少なくとも2年は、町村部医療機関とする。ただし、産科、小児科、麻酔科又は脳神経外科医として、県が指定する自治体医療機関に勤務する場合はこの限りではない。)

「青森県地域医療支援センター」に登録し、卒業後、貸付期間の1.5倍の年数、指定医療機関に医師として勤務すること(平成31年度入学生までは貸付期間と同年数)

「青森県地域医療支援センター」に登録し、卒業後、貸付期間の1.5倍の年数、指定医療機関に医師として勤務すること(その半分の期間は県が指定する自治体医療機関とする)

貸付期間の1.5倍の年数を、青森県内で医師として勤務すること(医療機関の指定はありません)

※上記のほか、「青森県キャリア形成プログラム」に基づき、勤務期間のうち4年間(弘前大学医師修学資金の学士枠は勤務期間の9分の4)は、医師が不足している地域で勤務することが返還免除要件の1つとなります。

 

<< よくあるご質問に戻る