青森県健康福祉部医療薬務課
良医育成支援グループ

〒030-8570
青森県青森市長島一丁目1番1号

017-734-9288(直通)

受付時間:8時30分~17時15分
(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

©Aomori Prefectural Goverment 県内で活躍する医師たち

MENU

CLOSE

青森市
青森市民病院
宿舎

病院情報

住所〒030-0821 青森県青森市勝田1-14-20
2次医療圏青森地域保健医療圏
電話番号017-734-2171(内線7316)
病院HPhttps://www.city.aomori.aomori.jp/byouin/top.html
診療科糖尿病・内分泌内科、循環器・呼吸器内科、消化器内科、精神神経科(休診)、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、ひ尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、整形外科(外来のみ)、放射線科、麻酔科、病理診断科、歯科口腔外科
病床数538床(一般538床)
救急指定2次
指定医療保険医療機関、労働者災害補償保険法指定医療機関、生活保護法指定医療機関、身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関、母体保護法指定医の配置されている医療機関、地域医療連携登録医療機関、原子爆弾被爆者一般疾病指定医療機関、地域医療支援病院、病院機能評価認定病院(3rdG:Ver1.1)、指定養育医療機関、難病指定医療機関、指定小児慢性特定疾病医療機関、救急告示病院、青森市病院群輪番制参加制度、災害拠点病院(地域災害医療センター)、肝疾患に関する専門医療機関、臨床研修指定病院(基幹型・協力型)、指定自立支援医療機関、DPC対象病院、青森DMAT指定病院、青森県がん診療連携推進病院、地域周産期医療協力施設
医師数75名
うち、指導医42名、初期研修医19名、シニアレジデント0名
病院の特徴○青森市を中心に周辺地域も含む広い圏域をカバーする総合病院。
○どの診療科でも最新の医療技術・設備を導入し、診断・治療の向上に努めています。
○2007年には心臓血管センターを立ち上げ、都市部に負けない高度な循環器診療をおこなっており、冠動脈疾患のカテーテル治療、拍動下冠動脈バイパス手術などで好成績を上げています。
○消化器がんの内視鏡治療(ESD)、外科系では脳動脈瘤開頭術、低侵襲脊椎手術、腹腔鏡下手術を多数行い、好成績を収めています。
○専門研修は、弘前大学医学部附属病院の連携施設として登録しています(14領域)。
その他○医療セミナーなどを開催し、地域の予防医学の一端を担うべく努力しています。
○患者さんを対象にしたホスピタルコンサートを定期的に開催しています。
○病院周辺の環境も整備されており、繁華街やショッピングセンター、文化施設などへのアクセスも良好です。
○空港も近く、県内各都市への移動もしやすいので、学会参加やドライブなどのレジャーにも最適です。

臨床研修

研修の特徴
  • 特徴あるプログラム
  • 症例数が多い
  • 救急充実
  • 手技に積極的
  • 地域医療に強い
  • コモンデジーズ
指導体制
  • マンツーマン指導
  • 屋根瓦方式
整備環境
  • 設備施設が充実
  • 女性医師サポート
  • 産休育休制度
  • ON/OFFハッキリ
  • 福利厚生が充実
  • 英語研修
プログラムの特色当院の研修プログラムでは、救急医療で遭遇することの多い整形外科を基本科研修に組み入れるほか、すべての選択必修科目を必修科目とし、プライマリケア研修の領域拡大を図っています。さらに将来の専門領域選択の便を考慮して選択科研修期間を8か月と長めに設定するなどの工夫をしています。指導医には最も診療及び指導意欲旺盛な中堅クラスも多く、また、高度医療に携わる専門医も多数在籍しています。
モデルコース
研修終了後の進路弘前大学大学院医学研究科ほか
採用ページURLhttps://www.city.aomori.aomori.jp/byouin/saiyou/syoki.html
レジナビURLhttps://www.residentnavi.com/hospitals/359
病院訪問URLhttps://www.city.aomori.aomori.jp/byouin/top.html
問合せ先事務局総務課:吉﨑 雅幸
電話番号:017-734-2171(内線7316)
E-mail:byoin-somu@city.aomori.aomori.jp

専門連携

基本領域 基幹病院名 研修の特色・特徴
内科 弘前大学医学部附属病院 ・当院では糖尿病内分泌、循環器、消化器の3つの内科があり各科指導医がおります。
・紹介患者、救急等の症例も多く幅広く、かつ専門的な研修が可能です。
・各科で連携し、選考医の希望やニーズを最大限に優先したフレキシブルな研修が可能です。
外科 弘前大学医学部附属病院 地域中核病院の特性から、外科1年生から多く症例が経験できます。また、消化器外科、乳腺、心管外科それぞれの要内の研修も可能です。
小児科 弘前大学医学部附属病院 他院と比べて、特出した専門領域はありません。急性期疾患より、慢性疾患の症例が多いです。
皮膚科 弘前大学医学部附属病院 様々な皮膚疾患の臨床やその診断と治療について最低限必要な知識と技術の習得を目標としています。
整形外科 弘前大学医学部附属病院 地域中核病院として多数の症例経験が可能です。マンツーマン指導を行っています。
産婦人科 弘前大学医学部附属病院 地域中核病院の特性から、広範かつ多数の標準的な症例経験が可能です。
眼科 弘前大学医学部附属病院 広範な標準的な症例が経験できます。
耳鼻咽喉科 弘前大学医学部附属病院 地域中核病院の特性から、広範かつ多数の標準的な症例経験が可能です。
泌尿器科 弘前大学医学部附属病院 地域中核病院の特性から、広範かつ多数の標準的な症例経験が可能です。
脳神経外科 弘前大学医学部附属病院 慢性的疾患だけではなく急性期疾患症例をより多くみることになります。そのため救急疾患の取り扱いや手技を多く経験できると思います。治療は開頭術と血管内治療の両方が可能です。在籍脳外科医指数は多くないですが、できるだけ研修医が見学だけではなく参加できるように丁寧な指導に心がけています。
麻酔科 弘前大学医学部附属病院 地域中核病院として、呼吸器外科以外の外科系各科を擁しており、麻酔科医に必要な様々な技術を習熟可能です。
病理 弘前大学医学部附属病院 ・青森市や近隣地域の医療を青森県立中央病院とともに支えており多数の症例が集まっています。
・各診療科とのコミュニケーションもよく、実践的な病理診断を研修することができます。
リハビリテーション科 弘前大学医学部附属病院 ・地域中核病院の特性から専門医取得に必要な全ての領域にわたる症例経験が可能です。
・希望に応じた研修内容を策定します。
・脳卒中学会認定専門医の研修歴とする事も可能です。
総合診療科 弘前大学医学部附属病院 ・地域中核病院の特性から、広範かつ多数の標準的な症例経験が可能で、サブスペシャリティ領域を見据えた専攻医研修ができます。
・豊富な症例数と指導実績を有しており、Common diseaseの診療経験も十分に積むことができます。
・さまざまなニーズに合わせて、自分にあった研修ができます。