青森県健康福祉部医療薬務課
良医育成支援グループ

〒030-8570
青森県青森市長島一丁目1番1号

017-734-9288(直通)

受付時間:8時30分~17時15分
(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

©Aomori Prefectural Goverment 県内で活躍する医師たち

MENU

CLOSE

八戸
青森労災病院
宿舎

病院情報

住所〒031-8551 青森県八戸白銀町南ヶ丘1
2次医療圏八戸地域保健医療圏
電話番号0178-33-1551
病院HPhttp://www.aomorih.johas.go.jp/
診療科内科、循環器科、神経内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、健康診断部、歯科口腔外科
病床数280床(消化器内科(50床)、糖尿病・内分泌内科(25床)、小児科(3床)泌尿器科(32床)、特別室(2床)、神経内科(15床)、整形外科(74床)、心臓血管外科(21床)、救急(2床)、放射線科(6床)、外科(38床)、眼科(3床)、歯科口腔外科(6床)、形成外科(3床))
救急指定2次
指定医療地域医療支援病院、病院機能評価認定施設、医師臨床研修指定病院、救急告示病院、青森県がん連携推進病院
医師数34名
うち、指導医21名、初期研修医5名、シニアレジデント0名
病院の特徴1 病院の理念「やさしく、あたたかい病院」
 ・患者さんの権利を尊重し、患者さん中心の医療を行います
 ・医療の質の向上をめざします
 ・勤労者医療・地域医療における社会的責任を果たします
2 当院は、24時間体制で輪番日には1日で20人~50人の救急患者を受入れている他、癌・心疾患・脳血管障害・生活習慣病・勤労者予防医療等への専門的対応を特色とし、病院機能評価も受けているので、臨床研修には、最適の病院です
その他○観光
・八戸三社祭(7月31日~8月4日)
 おおよそ280年の歴史と伝統を誇るお祭りで、各町内が華麗さを競って三車づくりを行っています。
・八戸えんぶり(2月17日~20日)
 当地方の代表的な民族芸能で、春を告げる豊年祈願のお祭りです。
 「えんぶり」の名は、「えぶり」という農具を手に持って舞ったことから、それがなまって「えんぶり」となったと言われています。
・蕪島(かぶしま)日本の音風景百選
 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されており3月頃に南方から数万羽飛来し産卵します。
・八甲田山、奥入瀬渓流、十和田湖が車で1時間半ほどで行けます。
○レジャー
 新日本観光地百選、白砂青松百選に選ばれた種差海岸は春から秋にかけて海岸植物が咲きみだれ景観に見事なアクセントを添えています。近くにはキャンプ地もあり短い夏を若者や家族連れが楽しんでいます。

臨床研修

研修の特徴
  • 症例数が多い
  • 地域医療に強い
指導体制
整備環境
  • 設備施設が充実
  • いろんな大学から集まる
  • ON/OFFハッキリ
  • 福利厚生が充実
プログラムの特色①常勤医34人のうち卒業後10年以上のベテラン医師が26名と、経験豊富な先輩医師から的確かつきめ細やかな研修指導が受けられます。また、各科連携のもとに1次~3次医療を含む急性期、急性期リハによる職場復帰までの豊富な症例が経験できます。更に診断・治療の充実のために、最新の医療機器を揃えています。
②当院では労働者の業務上の負傷又は疾病に関する療養の向上及び労働者の健康保持増進に関する措置の適切な実施を図っています。このため他の病院では余りない、勤労者医療総合センターを設置し、全国労災病院参加による労災疾病3領域9テーマの研究・開発・普及・健康診断による疾病の早期発見と予防活動に積極的に取り組んでいます。
③専門医療体制として、勤労者脳・循環器センター、勤労者メンタルヘルスセンター、スポーツ整形外科、スポーツリハビリ等を実施しています。
④医療安全管理強化、地域医療連携体制整備、臨床研修施設整備、産業医活動推進、救急患者受入体制強化等に努力しています。
モデルコース
研修終了後の進路八戸市立市民病院、青森県立中央病院
採用ページURLhttp://www.aomorih.johas.go.jp/recruit/clinicalresidents/
レジナビURLhttps://www.residentnavi.com/hospitals/552
病院訪問URLhttp://www.aomorih.johas.go.jp/recruit/clinicalresidents/
問合せ先総務課:総務課長 藍原敏晴
電話番号:0178-33-1551
E-mail:syomu@aomorih.johas.go.jp

専門連携

基本領域 基幹病院名 研修の特色・特徴
内科 弘前大学医学部附属病院 消化器内科、糖尿病・内分泌内科の分野の研修を行えます。
外科 弘前大学医学部附属病院 消化器外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺・内分泌外科の分野の研修を行えます。
整形外科 弘前大学医学部附属病院 脊椎、上肢・手、下肢、スポーツ等の分野の研修を行えます。
整形外科 八戸市立市民病院 脊椎、上肢・手、下肢、スポーツ等の分野の研修を行えます。
眼科 弘前大学医学部附属病院 眼科一般、特に糖尿病、高血圧その他の網膜血管病変、緑内障、白内障、ぶどう膜炎、斜視、弱視等の疾患の研修を行えます。
泌尿器科 弘前大学医学部附属病院 腫瘍、感染症、先天性疾患、排尿障害など各種泌尿器科疾患に対する幅広い診療の研修を行えます。
放射線科 弘前大学医学部附属病院 読影診断及びIVRの研修を行えます。
麻酔科 弘前大学医学部附属病院 多種多様な全身麻酔の研修を行えます。
麻酔科 青森県立中央病院 多種多様な全身麻酔の研修を行えます。
病理 弘前大学医学部附属病院 生検標本、手術標本、細胞診標本、術中迅速病理診断等の研修を行えます。
形成外科 弘前大学医学部附属病院 外傷、熱傷、その後遺症としての傷痕の醜状や拘縮あるいは他科の手術の傷痕の治療、皮膚から皮下組織にかけての腫瘍の治療の研修を行えます。
総合診療科 弘前大学医学部附属病院 救急も含む数多くの初診患者を経験し、複数の健康問題をもつ患者への包括的ケアの研修を行えます。