弘前市
国立病院機構弘前病院
保育

病院情報

2020年4月1日現在

住所〒036-8545 青森県弘前市富野町1
2次医療圏津軽地域保健医療圏
電話番号0172-32-4311
病院HPhttps://hirosaki.hosp.go.jp/
診療科循環器内科、呼吸器内科、消化器・血液内科、脳神経内科、小児科、産婦人科、外科、呼吸器外科、整形外科、乳腺外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科
病床数342床(一般342床)
救急指定2次
指定医療第2次救急輪番制病院、救急告示病院、臨床研修指定病院、エイズ拠点病院
医師数48名
うち、指導医42名、研修医16名、専攻医名
病院の特徴①❝みちのくの小京都❞とうたわれる人情味あふれる弘前市でプライマリ・ケアをはじめ、豊富な症例を経験できます。
②「院内保育園」を設備してます。
③「救急医療」・・・津軽地域第二次救急輪番病院として、内科・外科・小児科を中心に多数の症例を扱っています(24時間体制)。
④「成育医療」・・・母子医療センター・NICU(3床)・GCUを有し、異常分娩や病的新生児の治療に積極的に取り組んでいます。
⑤毎年開催される院内フォーラム「母乳育児フォーラム」「リスクマネージメントフォーラム」
⑥「がん診療」・・・呼吸器内科(照射・化学療法)・消火器・血液内科(内視鏡的治療・化学療法)・外科・産婦人科で多くの症例があります。
⑦「呼吸器疾患」、「骨・運動器疾患」、「肝疾患」のネットワーク参加病院です。
その他

臨床研修

2020年4月1日現在

研修の特徴
  • 手技に積極的
  • コモンデジーズ
指導体制
  • マンツーマン指導
整備環境
  • 産休育休制度
  • 福利厚生が充実
プログラムの特色①地方型二次医療圏中核病院としての役割を三次、一次医療機関との連携の中で多様かつ多数の症例を経験できる。
②指導医や上級医のサポートの下に、臨床医としての日々の診療を安全に実践できるレベルを到達目標としている。
③研修中の科目以外の指導医・上級医の指導も必要に応じて受けることが可能である。
④症例検討会において担当した患者のプレゼンテーションを行う。
⑤基本的には基幹病院である当院で地域医療を除く2年間の研修を完結できる体制をとっているが、特に当院で標榜していない診療科での研修希望に対しては、協力型病院及び協力施設と連携して希望に添った研修となるよう対応している。
⑥国立病院機構関連の学会発表、機関誌への投稿、研修会への参加を積極的に支援する。
⑦施設内で細胞培養や新規臨床試験に参加することで学術面での研鑽を重ね研究MINDを育む。
モデルコース

※画像が見えにくい場合はパソコンでご覧ください。

※一定期間のまとまった研修に加えて、週1回の救急外来での研修を特定の期間行い、合計3ヶ月以上となるようなものとする。
研修終了後の進路弘前大学医学部附属病院等他医療機関
採用ページURLhttps://hirosaki.hosp.go.jp/profession/recruit.html
レジナビURLhttps://www.residentnavi.com/hospitals/94
紹介動画URL
病院訪問URLhttps://hirosaki.hosp.go.jp/
問合せ先臨床研修担当:
電話番号:0172-32-4311
E-mail:106-Rinken2@mail.hosp.go.jp

専門連携

基本領域 基幹病院名 研修の特色・特徴
内科 弘前大学医学部附属病院
内科 国立病院機構仙台医療センター
外科 弘前大学医学部附属病院
小児科 弘前大学医学部附属病院
整形外科 弘前大学医学部附属病院
産婦人科 弘前大学医学部附属病院
眼科 弘前大学医学部附属病院
泌尿器科 弘前大学医学部附属病院
放射線科 弘前大学医学部附属病院
麻酔科 弘前大学医学部附属病院
麻酔科 青森県立中央病院
病理 弘前大学医学部附属病院
総合診療科 弘前大学医学部附属病院